--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

07/02  宅地建物取引主任者 

宅地建物取引主任者とは 
生活の基本となる「住」をとりまく法律や税務などの幅広い知識をもつスペシャリスト。
 毎年の受験申込者数が20万人を超える超人気資格です。年齢、性別、学歴など関係なく、誰でも受験できます。不動産取引の際、消費者を保護する立場にたち、宅地や建物の売買や賃貸の代理・仲介をするのが主な業務です。最も人気の高い資格の一つで、不動産業界での高いニーズがあります。これまで不動産業界に縁のなかった主婦を含む多くの女性も試験に挑戦するなど、大きなブームとなっています。宅地建物の取引に際し、その専門知識がなければ公平でかつ安全、円滑な取引が出来ません。しかし、取引をする当事者の顧客に、このような専門知識を要求することはできません。そこで、このような「専門知識を持ち、取引に立ち会い公正を確保する者」が「宅地建物取引主任者」です。
スポンサーサイト
[ 2005/07/02 20:11 ] 資格Web講座案内 | TB(0) | CM(0)

07/02  2級FP技能検定 

ファイナンシャルプランナーとは
    あなたの夢を実現する生活設計のアドバイザー

 年金制度の改革や金融ビッグバン、金融商品の多様化など、個人をとりまく金融環境は大きく変化しています。情報化、国際化が叫ばれる昨今、人それぞれ人生に対する夢や希望は異なり、生き方や価値観も千差万別となっています。しかし、唯一共通しているのは、どのような生き方をするにしても経済的な問題は避けて通れないということです。ファイナンシャルプランナー(FP)は、金融商品、保険、不動産、税金、年金、住宅ローン等の幅広い知識を活かし、弁護士、税理士、保険、不動産の専門家等の協力を得ながら、資産のトータルプランニングを行って、夢の実現を手助けします。あなたの家族構成や収入・支出・資産・負債などの客観的なデータを分析し、ライフプラン(生涯生活設計)にあった資産設計を提案するスペシャリストです。
[ 2005/07/02 19:21 ] 資格Web講座案内 | TB(0) | CM(0)

07/02  社会保険労務士 

社会保険労務士とは 
         高齢化社会の時代が求めるコンサルタント

 社会保険労務士とは、企業が発展するために欠かせない重要なパートナーです。企業経営上の4大要素「人」「物」「金」「情報」の中で最も重要な『人』に関するエキスパートとして活躍します。労働社会保険関係および人事、労務管理の専門家として、企業経営の重要な柱である「人の採用」から「退職」に至る労働及び社会保険に関する諸問題や、老後の年金を含む生活設計や介護等の相談に応じる社会生活のエキスパートです。社会保険労務士は、労働保険や社会保険に関する業務を円滑に運営し、企業の発展と労働者に対する福祉向上を目的として、昭和43年に創設された国家資格です。雇用制度や年金システムの改革により、社会保険労務士のニーズが拡大し、その重要性や注目度も急激に高まっています。

[ 2005/07/02 18:59 ] 資格Web講座案内 | TB(0) | CM(0)

07/02  日商簿記検定2級・3級 

日商簿記検定とは 
   わが国で最も支持されている簿記技能の検定試験です。

 営業、事務、製造といったビジネスの各部門において、根底にあるのはお金の流れです。簿記の知識は、経理事務や、財務会計部門に限らず、現在や将来の利益を測る財務諸表や企業会計の法規を理解し、経営管理・経営分析をする上で、欠かすことのできない基礎技能です。企業は、商品を仕入れ又は製作し、取引先を選別して販売し、売上を計上して給与や会社利益に結びつけるといった活動を継続していますが、これらの各場面を担当するスタッフに対して、より高い経費感覚、会計知識が期待されています。簿記はすべてのビジネスの基礎となるスキルです。事業収支の分析や企画書の作成など様々なビジネスシーンで活用することができ、社会人の方はもちろん、就職を控えた学生の方にとっても、簿記はビジネス社会で活躍する上での大きな武器となります。簿記を必要としない企業はこの世に存在しません。社会人としての基礎的な知識として、就職・転職にも威力を発揮します。
[ 2005/07/02 18:44 ] 資格Web講座案内 | TB(0) | CM(0)

07/02  福祉住環境コーディネーター 

福祉住環境コーディネーターとは  高齢者や障害者が安全で快適な生活を送るための環境を提案するアドバイザー

 日本における65歳以上の人工は2200万人を超え、総人口に占める割合は約17%に達しており、世界一の高齢大国になると言われています。人間にとって「住居」は第一の生活基盤であり、安心して生き生きと暮らすための重要な要素となります。高齢者の住宅内事故は年々増加傾向にあり、住み慣れている家であっても身体機能の低下により、住宅内の段差や階段でつまずいたり、浴室やトイレ等の水回りの設備などにも不具合を感じる人も出ています。一般的な住まいのバリアフリー化だけでは、高齢者だけでなく、介護をする家族にとっても不便が出てきます。福祉・医療・保健・建築・福祉用具について体系的で幅広い知識を持ち、住む方にとって“最適な住環境”を提案する人材が、福祉住環境コーディネーターです。
[ 2005/07/02 17:26 ] 資格Web講座案内 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。